離婚協議書とはどのようなものか

離婚の際には離婚協議書の作成を勧められることが多くあります。離婚協議書とは、離婚後の生活をよく考えて、生活費、養育費、財産分与、親権などについて話し合った内容や条件を記したものです。

全く同じ内容のものを2通作り、夫婦双方が署名押印したものを互いに1通ずつ保管することになります。これによって夫婦の権利義務について明確になるので、相手方に約束違反があったときには離婚協議書を裁判で提示することによって自分に有利に進めることができます。

特に、養育費については長期にわたるので、将来のことも考えておかなくてはいけません。夫が途中で養育費の支払いを怠ることは現実によく起こっています。一方で、もうすでに支払ったという場合にもそれを証明するものとなるので、作っておいて損はありません。

ただ、あまり詳しく記載されていない離婚協議書の場合は、トラブルになった時に相手方の親などから反論されたり納得してもらえないこともあるため、作成する場合にはなるべく事細かに記載することが必要になります。特に、未成年の子供がいる場合には、親権について、養育費、面接交渉権、財産分与、慰謝料については合意できた部分について細かく記載しておいたほうが安心です。

離婚準備
離婚する際に事前に準備が必要です。離婚調停や裁判をする際には相手の浮気調査なども必要ですし、住宅ローンが残っている場合はその手続きも必要です。

このページの先頭へ